早稲田マイケルジャクソン研究会のブログ


 ≪≪New Post!!≫≫ (最新記事が表示されます)


早稲田祭2018「Smooth Criminal」の見どころ紹介 (水, 19 12月 2018)
こんばんは〜!   今年の6月からM研に入った3年のカズです!   いよいよM研Weekも終盤!   今回は僕がマイケル役で踊った10号館前ステージの「smooth criminal」についてお話したいと思います!     1.まさかのマイケル役    実は、色々あり、僕がスムクリのマイケル役になったのは、早稲田祭の約1ヶ月半前のことでした。  正直、新入生の自分がマイケル役をやるとは思ってもみなかったので、決まった当初は、大好きなスムクリをマイケルとして踊れる喜びと不安と焦りとプレッシャーが入り混じった複雑な気持ちでした。「スムクリマイケルやろうよ!」と背中を押してくれたタクトに感謝です。    マイケル役をやる上でどのライブ映像を参考にするかは本当に悩みました。  どのツアーも本当にカッコいい。。。  最初は、dangerous tourのOslo公演を参考に、1年生の期待のホープ風我に協力してもらいながら練習を始めました。  結果的には色んなライブ映像の中から、この動き良い!というのをそれぞれ取り入れて、表情や動きなど自分なりのスムクリを作れたかなと思います。最後の最後までアドバイスをくれたM研メンバーの皆さんありがとうございます。       2.ゼログラビティ    やっぱりスムクリといったらこれですよね。一番頑張りました。笑(めっちゃ背筋使うんですこれ) 本番は本家より傾いていたのではないかと思います笑。早稲田祭当日まで、ほぼ毎日家の屋上で練習していました。  初めてのリーンの練習はM研でリーン経験者のこまっつーさんの指導のもと、スタジオで行ったのですが、こまっつーさんに「下手に倒れたら足の筋が切れちゃうから本当に注意してね」と言われたので、最初倒れる時はめちゃくちゃ怖かったのを覚えています笑      ゼログラは倒れ方だけでなく、指の形などもこだわったので、是非観ていただきたいです。 (実は、本番勢い余って思いっきり倒れすぎて、倒れながら心の中で「あ、やばいぞこれ」と思っていたのは絶対に内緒です。)    また、ゼログラビティ直前のガールズのダンスがとてもセクシーなので、そこも注目して観て欲しいなと思います。  リーン装置を貸してくださったやもさん、本当にありがとうございます。      短くまとめてしまいましたが、新しい音源を使った演出や、キレのあるバックダンサーの動き、最初のイントロ部分などなど、見所はたくさんあるので、是非早稲田マイケルジャクソン研究会の「smooth criminal」楽しんで観ていただけたらなと思います!     おまけ(お気に入りの一枚です!)   最後まで読んでいただきありがとうございました!  
>> 続きを読む

 

◎早稲田マイケルジャクソン研究会では、ブログを随時更新しております!

 練習風景やイベントの様子、さらにはメンバーの日ごろ思うことやマイケルと全く関係ないことなど、自由に記事を書いております。ぜひ一度お越しください!↓↓

早稲田マイケルジャクソン研究会のブログ(Amebaブログ)


 

 

(こちらのページでは、ブログの最新記事が1件表示されます。過去の記事はこちらより)